木の飾り

生理前のイライラ対策004

生理前のイライラについて書いています

木の飾り

メニュー

女性が生理前にイライラする理由は女性


女性が生理前にイライラする理由は

女性にとって毎月やってくる生理は、体にとっては大切なことなのですが、特に生理前には気分がすぐれない、といったことが起こる人は多いです。

例えば、イライラしやすい、気分が滅入る、不安定な気分、体調不良などの症状です。

生理前に起こるこのような症状を、月経前症候群、いわゆるPMSと呼びます。

PMSはホルモンバランスが急激に乱れることから起こります。

女性ホルモンは、エストロゲンと呼ばれる卵巣ホルモン、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンから成り立っています。

どちらも卵巣から分泌されます。

このうちプロゲステロンの分泌が高くなることでイライラしやすいといわれています。



PMSの症状は個人差があり、種類もさまざまですが、イライラしたり、不快感、不安感、攻撃的になるなどの心にあらわれる症状と、下腹部の痛みや頭痛、肩こり、腰痛、便秘や肌荒れなど体にあらわれる症状とがあります。

女性の8割の人が、なんらかのPMS症状を感じたことがあるというデータもあります。



PMSの症状を緩和するためには、ホルモンバランスを整えることが必要です。

もとをたどれば、自律神経がホルモンバランスを乱しています。

ですから、自律神経に影響が出る、ストレスや寝不足、タバコやお酒、糖分の摂りすぎなどもPMS症状をひどくする原因になります。



PMSを緩和する方法は、自律神経を整える作業といえます。

例えば、ストレスを溜めない生活習慣を送ることです。

アロマを利用したり音楽を聴く、ハーブティーを飲むなどでリラックスする時間をつくるのもおすすめです。

適度な運動をすることでストレスが発散できます。

運動することは基礎代謝を上げ、体が温まります。

逆に運動しない人は基礎代謝が下がっているので、冷えやすいといえます。

冷えも自律神経に悪影響を与えるものです。



また、バランスのとれた食生活が大切です。

大豆製品には、多くのイソフラボンが含まれています。

このイソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあるため、ホルモンバランスを整え、症状を緩和する効果がありおすすめです。

無理なダイエットはストレスを溜めることにもつながり、症状を重くする原因にもなります。



睡眠不足の解消することも症状緩和のひとつです。

寝不足が続くと肌荒れにもつながります。

夜10時から深夜2時まではお肌のゴールデンタイムとも呼ばれています。

美肌のためにも夜更かししないようにしましょう。



さまざまな対策をしても症状がひどい場合は、婦人科を受診がおすすめです。

症状を緩和する低用量ピルや漢方薬などを処方されることもあります。



生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、
木の飾り

メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2014 生理前のイライラ対策004 All rights reserved.
木の飾り